板谷国語・英語塾

大学受験を目指す高校生・高卒生を対象にした国語と英語の専門塾

2021.12.09 Thursday

合格体験記

板谷塾に通われた生徒さんの合格体験記です。

 

■島根大学 法文学部合格
問題を解く感覚がまったく別のものになった
英語であれば、文の形から品詞など、国語であれば助動詞や現代文の読み方などといった基礎知識から細かく教えてもらえるので、自分にいかに基礎が備わってないかを再確認することができました。
また、問題を解く際に意識することや、答え方がわかるようになるので、これまで漠然と文字を読み進めるだけであった長文問題でも、解き方の順序や答えの構成を考えたりなど、明確なビジョンを持って取り組めるようになりました。説明が本当に難しいのですが、板谷先生の授業を受ける前と後では、問題を解く感覚がまったく別のものになっていました。何を間違えたのか、逆にどこが正解だったのかがはっきりするようになってから、効率も上がったし、勉強が楽しくなったのが大きな収穫です。板谷塾は自分の中で新しい世界が開いた場所でもあるので、本当に感謝しています。
(米子東高校出身 M.Tくん)

 

■立教大学 現代心理学部合格
どんな文章にも対応できる読み方を習得
これまでまったく教わってこなかった国語の勉強法と解法を習得して、苦手だった国語が得意科目になりました。現代文は漠然とした読み方しかできなかったのが、板谷塾ではどんな文章、どんな問題にも対応できる読み方を習うことができました。
また、国語の文章を読解するうえで、どの文章にも背景知識が必要になり、これは学校では習わない部分ではありますが、板谷先生の豊富な知識量から問題の傾向分析に基づいた、的を絞った解説が聞けるので、非常にわかりやすかったです。暗記でどうにかなりそうな古文、漢文も、暗記以外の技術を教えてもらえるので最後まで得点が伸び続けました。センター直前対策では、すぐに点数が上がる可能性のあるところにポイントを絞った授業をしてくださり、それがまさに的中して、センター本番で過去最高点を叩き出すことができました。(米子東高校出身 T.Yくん)

 

■慶應義塾大学 法学部合格
繰り返し復習し、自分で勉強していくことの自覚が生まれた
センター国語がわからない状態で通わせてもらったのですが、どこを見ることで間違った選択肢を削除することができるのか、また問題文をただ読むのではなく、どこに注目すれば良いのか意識しながら問題を解けるようになり、受講前と比較にならないほど模試で結果を出すことができました。基礎を繰り返し叩きこまれ、自宅で復習できるプリントも用意されているので、自分がきちんと勉強しなければいけないと自覚することができました。(米子東高校出身 A.Rさん)

 

■青山学院大学 法学部合格
授業は少人数で勉強に集中できる雰囲気
授業では先生に当てられたら、わからなくても何かしら頭の中で考えたことを口にして話し、それをみんなで解釈しあうという形態だったので、少人数で勉強に集中しやすい良い雰囲気の中で、リラックスして取り組むことができて良かったと思います。先生から頂いたプリントはわかりやすく、自主学習のときに役に立ちました。私は国語が苦手でどうしようもない感じでしたが、板谷塾に通うようになってから毎回たくさんのことを教わり、それを吸収して着実に力を伸ばすことができました。(米子北高出身 I.Yさん)

 

■鳥取大学 地域学部合格
目標が見える化して、最後まで粘れた
板谷塾に通ってからの一番の収穫は、勉強のやり方がわかったことです。この塾に来なかったらユメタンを毎日200語やろうとか、文法書をちゃんと読もうとか、メタファーを考えようとか、絶対に思わなかったと思います。また、模試も受けっぱなしではなく、きちんと分析することの大切さや、センターで何点取ったらいいのか目標も明確になり、目標が見える化したことで最後まで粘り強く頑張れたと思います。(米子東高校出身 K.Aさん)

 

■追手門大学 地域創造学部合格
多方面の視点から物事を考えられるようになった
私は高2まで部活しかしておらず、受験勉強は高3になってからゼロからのスタートで不安しかありませんでした。けれど、板谷塾に通ったことで、センターの解法であったり、小論文の書き方であったり、一人だと考えられない思考をみんなが発言することで、多方面の視点から物事を考えられるようになりました。このような機会があったおかげで、それを小論文の題材として使えることもありました。大学では自分が学びたいことを学び、それが将来鳥取で活かせるような発見をしていきたいです。(米子東高出身 N.Sさん)