2024.05.22 Wednesday

合格体験記

板谷塾に通われた生徒さんの合格体験記です。

 

■鳥取大学 医学部合格
苦手だった国語が1年間で90点伸びた!
高2のときに受けた全統共通テスト模試では、国語の点数が200満点中86点しか取れず、国語のせいで志望校を諦めなければいけないと思っていました。しかし、高3になって板谷塾に入ると、共通テスト本番では200点満点中176点を取ることができ、90点も伸ばすことができました。
板谷先生の国語の授業は、私に国語という教科のおもしろさを教えてくれました。一番印象に残っているのが小説の授業で、毎回その小説のすごさに感動し、そのすごさをわかりやすく教えてくださる授業にも感動していました。だからこそ毎回の授業が楽しみで、いつのまにか国語が私の好きな科目のひとつになっていました。そこから点数もどんどん伸び、解くのが楽しくなり、また点数が伸びて、というように好循環をつくることができました。さらにすごいのは、国語だけでなく英語や生物の記述など他教科の成績も良くなっていき、問題を解くうえでどの科目も国語力は必要だということにも気づかされました。板谷塾に出会っていなければ第一志望校合格は難しかったと思うし、何より国語の楽しさに気づかないままだったと思います。1年間板谷先生の授業を受けられたことに心から感謝しています。(米子東高校出身 H.Sさん)

 

■鳥取大学 医学部保健学科合格
出題者の意図がわかり、問題を解くのが楽しくなった
板谷塾に通って、問題の意図を正しく読み取る力がついたと思います。ただ問題を読むのではなく、表現の仕方に注目したり、キーワードを見つけたりと、読解力を身につけることができました。出題者の意図がわかると、パズルの最後のピースをはめたときのような満足感を感じることができ、問題を解くのが楽しくなりました。また、学校では飛ばしてしまうような細かい箇所も丁寧に解説してもらい、理解度が上がったと思います。解いた問題を解きっぱなしにせず、反復して解くので頭にも残りやすいです。
先生が長い時間をかけて作ってくださった文法書やプリントのおかげで、勉強の攻略法がわかって、コツコツ勉強をすることに対しての苦手意識が下がったように思います。英語と国語はテクニックや考え方を知ると、解くのが楽しくなることも知れました。また、板谷塾には部活動の後に通っていましたが、疲れた状況でも粘って問題を解く力がつくので、入試本番でもしつこく解き切ることができたと思います。(米子東高校出身 M.Fさん)

 

■尾道市立大学 文学部合格・龍谷大学 文学部合格
板谷塾の学びから文学作品に興味を持つように
板谷塾で学んだことの大きな成果のひとつとして思考力の向上が挙げられると思います。国語、英語に限らず、場面によって論理に沿った考え、もしくは柔軟な考えを使い分けることは、入試や社会において必須であると考えるので、その能力を培うことができたのは大きな財産だと思います。
僕は高1から板谷塾に通い始めましたが、高校入試で第一志望校に落ちてしまったので、もう一度受験勉強をすることへのネガティブな感情がありました。それでも板谷塾で学習していくうちに、基本から理解することができ、中学の時の自分では決してできなかった考え方を用いることで、いろいろな問題に挑戦していき大きな自信をつけることにつながりました。そして板谷塾での学びによって国語を好きになれたこと、文学作品に興味を持てたことが大学の進路に大きくつながっていきました。僕は私立大学の公募推薦に合格し、第一志望の公立大学に合格するという大きな成果を成し遂げることができました。苦しかったことは多々ありますが、新たな可能性を見つけることができた3年間だったと思います。(米子北高校出身 N.Aさん)

 

■山口大学 理学部合格
質問のたびに豊富な知識で応えていただき理解が深まった
僕は板谷塾に来て、英語の正しい考え方について学ぶことができました。中学校のときは、学校で聞いたフレーズをパズルのように当てはめて考えながら、テストを乗り越えてきました。高校英語は単語も文法もレベルが上がり、それでは対応できませんでしたが、塾での丁寧な解説や独自のテキストなど、きちんと活用することで高校英語にも対応することができました。自分で考える力を3年間でしっかり伸ばすことができたと思っています。
とくに授業で印象に残っているのは、先生が質問に答えてくださるときに、質問の量以上にたくさんの周辺知識を交えながら話してくださったことです。高3になると進路の話、共テ、二次まで、学校の担任の先生以上にアドバイスをくださったり、相談に乗ってくださり、すごく感謝しています。これから入塾される生徒さんたちも、この塾で勉強に取り組めば、高校3年間がかならず実りあるものなるだろうなと思える塾でした。本当にこの塾で学べて楽しかったです。ありがとうございました!(米子東高校出身 M.Sさん)

 

■島根大学 教育学部合格
問題の読み方、解き方の技術が習得できた
私は入塾したとき、国語、英語ともに勉強方法がわからず、点数も不安定で成績もあまりよくありませんでした。けれど板谷塾に入ったことで、学校では習うことがない問題の解き方や、自分だけでは考えたり継続できなかったりする勉強もできるようになりました。また先生の作ってくださったテキストや、読めば読むほど教科への理解が深まり、テスト前に見直すと頭が整理された状態でテストに向かうことができ、さまざまな点で助けられました。
とくに共通テストの英語の問題の解き方、現代文を読むうえでマーカーの色を使い分けながら筆者の伝えたいことを考えながら読むという方法は、板谷塾でたくさん練習してきたからこそ、模試などで活かすことができました。1年間繰り返し練習してきた現代文の解き方が、予想外に二次試験の小論文の勉強に活きてきて、本当に最初から最後まで先生に教わったことに助けられました。(米子東高校出身 A.Mさん)

 

■島根大学 教育学部合格
部活引退後からの受験へのラストスパート
部活を引退し受験生という現実に一気に直面しました。当時の成績はあまりにも低く、何から手をつければよいのか、どのように計画を立てて勉強を進めていけばよいかも何もわかりませんでした。そんななか板谷塾を見つけ駆け込みました。高校生になりはじめて勉強に向き合うという焦りや不安、やるべきことがたくさんあり、時間が足りないと感じる日もたくさんありました。しかし、板谷先生が勉強の仕方や優先順位などを考えてくださり、ひとつひとつ丁寧に勉強をしていくことで、共通テストの国語、英語がどういうものかを理解することができました。そして、少しずつでも成長していく自分に対しても嬉しく感じ、勉強に対する熱意も変わっていきました。そして、受験へのラストスパートをやり切ることができました。板谷塾に入り、問題に対しての解説や解き方の技術を学び、勉強への楽しさが持てました。それは、受験への大きな力にもなり、最後まで向上し続けることができました。(米子東高校出身 O.Cさん)

 

■鳥取大学 地域学部合格
精神面も支えてくれたアットホームな環境
知り合いの人から、良い英語の塾があるとすすめられて入りました。英語の教え方がわかりやすかったのはもちろんですが、すごくアットホームで先生にも気楽に質問できる環境でした。国語では共通テスト対策に長けているだけではなく、長文を読み取るうえで、内容を理解するための時代背景についての話や考え方の話もあり、楽しんで勉強をすることができました。また、先生の人柄もとても良く、勉強面だけでなく精神面など、すごく親身になって相談の乗っていただきました。受験前の応援メッセージや励ましの言葉をたくさんくださって本当にありがとうございました。(米子北高校出身 U.Rさん)

 

■鳥取大学 医学部保健学科合格
小論文対策のおかげで100%の自信で本番にのぞめた
先生が勉強だけでなく相談にものってくださり、親身になっていろいろ考えてくださったことが嬉しかったです。右も左もわからず始めた小論文も、だんだんと書けるようになってきた実感が湧いてきて、本番にも100%の自信をもってのぞむことができました。鳥大に無事に合格できたのも、小論文のおかげだと思っています。大学生になってからも、悩んだら相談に行かせてください。そして、先生に負けないくらい自分の仕事に熱意をもって取り組めるような人になるために頑張ります!(米子東高校出身 Y.Rさん)

 

■金沢大学 人間社会学域合格
毎回新しい発見があり、授業を受けるのが楽しかった
私は、板谷塾のように勉強の本質みたいなものを教わる塾で学ぶのははじめてで、毎回毎回「なるほどなぁ」と新しい発見がいっぱいで、授業を受けるのがとても楽しかったです。とくに国語では、今まで解き方を意識せず感覚で解いてきたので、ちゃんとした解き方を教わってしっかりと書けるようになりました。また、古文や漢文も、読むとき、問題を解くときに意識することや、覚えておいたほうが良い知識がわかり、勉強を進めていきやすかったです。英語の授業では、いろいろな知識や英作文の書き方を吸収することができました。大学でももっと英語を学んでいきたいと思うので、その参考にしたいと思います。授業では、間違っているかもと思うようなことでも発言しやすい雰囲気で、私にとってはすごくそれがありがたかったです。あと、共通テスト前の国語の冬期講習に参加したこともよかったです。この講習で解き方がわかり、その後の演習で意識することを続けたら、本番で落ち着いて問題を解くことができ、点数も伸びました。(米子東高校出身 E.Yさん)

 

■広島大学 工学部合格
高3の2学期、E判定から本番でA判定に
高3の部活を引退してから板谷塾に通い始めました。入塾当初は国語は200点満点中100点未満、英語もL、R合わせて90点くらいしか取れていませんでした。板谷塾に通うようになってから、国語も英語も基本的なところから教わり、曖昧になっているところも一から学ぶことができ、国語は最高で155点、英語は最高でL86点、R82点、共通テスト本番でもL87点を取ることができました。入塾したときは広島大学E判定だったところから、共通テストでA判定をとり、無事に合格することができました。板谷塾に入らず我流で勉強していたら、間違いなくこの点数は取れなかったと思います。根本的なところから楽しく教えてくださり、今後にも役立つことをたくさん学ぶことができました。板谷塾に入って本当によかったです。(米子東高校出身 M.Yさん)

 

■東京都立大学 経済学部合格
国語の記述を構造的に考えられるようになった
国語は今までなんとなく書いていた記述問題も、核を見つけてから肉づけしていくというように、構造的に考えることが大切とわかりました。英語では1、2年次は文法を繰り返し演習することで身につきました。3年次では共通テスト1回分を毎週することで、どんどん攻略法を自分なりに見つけられるようになりました。板谷先生は些細な質問や相談にも親身になってのってくださり、とても安心した3年間を送ることができました。授業では豆知識やおすすめの本などを紹介してくださり、とても興味がそそられためになりました。(米子東高校出身 M.Sさん)

 

■大阪教育大学 教育学部合格
自分の弱点を知ることができた二次対策
塾でもらったそれぞれの教科のテキストのおかげで、大事なところや覚えるべきところがはっきりとわかり、古文や漢文は文法の力に自信がつきました。授業で教えてもらった問題の解き方や文章の読み方は、本番に焦らずいつも通りでいることを手助けしてくれました。これから勉強するときも役に立つ技術だと思います。共通テスト後、何をどれくらいのペースで進めていけばいいか教えてくださり、二次力をつけることができました。二次の添削は自分の回答が何割取れるのかを点数をつけてくださったので、自分の弱点を知ることができました。板谷先生に教わったことを活かして、大学生になってからも勉強を頑張ります。(米子西高校出身 U.Mさん)

 

■京都産業大学 経済学部合格
勉強面で自分の足りない部分を知れる場所
国語の授業では、評論や小説での読解力がついたと思います。とくに小説では、これまで読んでもその文章の意図を読み取ることができませんでしたが、授業を受けていくと、考えていたことが少しずつつながっていき、小説を読むことがとても楽しく感じられるようになりました。英語の授業では、英文を日本語にするために、英語の順番をしっかり見てSVOを考えると、前よりも英文がわかるようになりました。また知らない単語や熟語を覚えていくことで、英訳がこれまでより良くできるようになりました。板谷塾に通う前は受験に対する考えが甘く、板谷先生と面談をしていくうちに、自分の位置を確認することができました。板谷塾は自分の足りないものを見つけることができる場所です。先生の親身な授業のおかげで、前よりは勉強について向き合うことができるようになったと思います。(米子北高校出身 K.Zさん)

 

■神戸大学 工学部合格
共通テスト本番で、国語50点アップ、英語40点アップ!
私は浪人を決めてから板谷塾に通うようになりました。今思うと、板谷塾に通うまでは、受験の全体像がよくわかっていませんでしたが、通いはじめてから、何をどの段階ですべきか、先生から詳しく教えてもらい、受験の計画をうまく立てることができました。思うように点がとれなかったり、モチベーションが下がりかけたりしたときにも相談に乗ってもらい、その都度アドバイスをいただけたことが自分の中でとても大きな安心となりました。本番では、難化した共通テストで、国語50点アップ、英語40点アップという成果を得ました。二次対策もしっかりと早い段階から取り組むことができ、自信をもって二次試験本番を受けることができました。 浪人は思った以上に精神的にもきつく大変でしたが、勉強面だけでなく、精神面でも先生に支えてもらったことで、志望大学に合格することができ、一年間、目的を明確にもってコツコツ勉強する大切さを学びました。(米子東高校出身 既卒・E.Tさん)

 

■岡山大学 文学部合格
国語の解法の型を身につけ、得点率が9割に
僕は文系ですが国語が苦手で、板谷塾に通う前はマーク模試で4割台しかとれず、国語が一番足を引っ張る存在でした。このままではまずいと思っていたときに、母から板谷塾をすすめられ、高2の3月にまず1か月だけ通塾しました。このわずか1か月で、国語は感覚で解くものだと思っていた自分の考えを、論理的に解くものだという考えに変えることができました。先生の授業では、国語の解法となる型を教えてくれるだけでなく、生徒一人ひとりについて何が不足しているのかを自覚させるところからはじめます。そのおかげで実際に僕は最初の1か月間で、先生から教わった解法の型を身につけ、その後は、夏期講習、冬期講習を受講し、最高で得点率を9割まで上げることができました。二次試験対策講座では、自分の志望大学に必要な答えの導き方、書き方を身につけることができ、最終的に第一志望の国立大学に合格することができました。 (米子東高出身 H.Fさん)

  

■岡山大学 理学部合格
二次英語の自由英作文の徹底指導で9割とれる力がついた
板谷塾は英語の二次対策でお世話になりました。岡山大学の二次英語は、自由英作文が10行程度あり、他大学と比べて量が多いのが特徴であるため、何をどのように書いていいのか最初はわかりませんでした。けれど先生から指導を受け、まず文章の骨格をつくり、肉付けしていくという操作を日本語で書いてみる、ということがとても役に立ちました。また、読解の問題は、文章にはクセはないものの、ある程度の要約の力も必要となる内容でしたが、これも骨と肉の操作で、最終的には9割程度をとれる力をつけることができました。(米子東高出身 既卒 K.Yさん)

  

■近畿大学 短期大学部合格
板谷先生の授業の楽しさで苦手だった古文が好きに
国語は今まで教えてもらったことがなかった根本的な解き方がわかるようになり、評論、小説、古典、それぞれあたらしい発見ばかりで、知識がどんどん増えていくのが楽しかったです。基礎的なこともできていない状態から、ほかでは教えてもらえないような、板谷先生の圧倒的な知識量とわかりやすさで、どんどん解けるようになっていくことが自分でも実感でき、自信につながっていきました。とくに何より苦手で好きはでなかった古文を、文法知識や昔の日本の常識や背景を身につけることにより、要点に気をつけながら読めるようになり、自分からいろいろ手にとって読むまでに成長できたことがおどろきです。授業では勉強内容だけではなく、本の紹介や、先生からいろいろな話を聞けるのが楽しみでした。先生のおかげで勉強を楽しいと思えるようになりました。大学生になっても、引き続き勉強をがんばります! (米子西高出身 N.Kさん)

  

■東京都立大学 システムデザイン学部合格
国語力を上げることで、全体の学力向上に繋がった
入塾する前は、国語の勉強法はおろか、文章読解力がかなり低かったなと今では感じています。国語なんて勉強をどう進めて点数につなげていくか謎だ、というスタンスでしたが、板谷先生の講義を受けて、ひとつひとつのプロセスを何度もこなしていくにつれ、おもしろいように視覚的にも文章構成を読み取れるようになりました。それをほかの教科にも活かすことができました。結果的に国語力を上げることで、ほかの科目の地力も底上げされ、全体の学力向上に繋がったと感じます。
自分の進路について漠然としたものだったのが、浪人期間を経て具体化し、板谷塾に通うことで助言もいただいて、自分の未来とここまで向き合えたことが本当に良かったと思える一年になりました。自分自身の勉強法を見つけることができ、大学ではそれをさらに洗練させつつ、5歳の頃から夢だった航空宇宙工学の分野の勉強でモチベーションを高く維持できそうです。(米子東高校出身 既卒 T.Rさん)

 

■関西外国語大学 外国語学部合格
英語の長文問題に対応できる文法力が定着した
英語では、まず文法の授業から始まり、文法が弱かった私にとても効果的でした。すべての文法をただ覚えるだけでなく根本から教えてくださり、記憶に残りやすく、長文問題で文法が出てきたときなどに授業でやったことが思い起こされ、記憶に定着していったのだと思います。また、長文を解くうえで難しい構文が出てきたときも、先生に聞けばとてもわかりやすく解説してくださり、安心して自主学習ができました。
国語はどうやって勉強していっていいかわからなくなりがちな科目にもかかわらず、先生の指導では勉強の方法がしっかりと確立されていて、言われた通りに勉強すると、本当に模試の点数が上がりました。苦手だった評論をプロセス通りに10題やると、試験中も解き方の道筋が見えてきて実力がついたなと実感できました。まさに板谷マジックです! 古文は私があまり勉強してなかったのですが、解き方、文法は現代文同様とてもわかりやすく、古文常識なども聞けておもしろかったです。勉強のやり方も示してもらえて、実力も伸びるので、みんなに本当におすすめしたいです。(米子北高校出身 T.Mさん)

 

■慶應義塾大学 法学部合格
繰り返し復習し、自分で勉強していくことの自覚が生まれた
センター国語がわからない状態で通わせてもらったのですが、どこを見ることで間違った選択肢を削除することができるのか、また問題文をただ読むのではなく、どこに注目すれば良いのか意識しながら問題を解けるようになり、受講前と比較にならないほど模試で結果を出すことができました。基礎を繰り返し叩きこまれ、自宅で復習できるプリントも用意されているので、自分がきちんと勉強しなければいけないと自覚することができました。(米子東高校出身 A.Rさん)

 

■青山学院大学 法学部合格
授業は少人数で勉強に集中できる雰囲気
授業では先生に当てられたら、わからなくても何かしら頭の中で考えたことを口にして話し、それをみんなで解釈しあうという形態だったので、少人数で勉強に集中しやすい良い雰囲気の中で、リラックスして取り組むことができて良かったと思います。先生から頂いたプリントはわかりやすく、自主学習のときに役に立ちました。私は国語が苦手でどうしようもない感じでしたが、板谷塾に通うようになってから毎回たくさんのことを教わり、それを吸収して着実に力を伸ばすことができました。(米子北高出身 I.Yさん)

 

■立教大学 現代心理学部合格
どんな文章にも対応できる読み方を習得
これまでまったく教わってこなかった国語の勉強法と解法を習得して、苦手だった国語が得意科目になりました。現代文は漠然とした読み方しかできなかったのが、板谷塾ではどんな文章、どんな問題にも対応できる読み方を習うことができました。
また、国語の文章を読解するうえで、どの文章にも背景知識が必要になり、これは学校では習わない部分ではありますが、板谷先生の豊富な知識量から問題の傾向分析に基づいた、的を絞った解説が聞けるので、非常にわかりやすかったです。暗記でどうにかなりそうな古文、漢文も、暗記以外の技術を教えてもらえるので最後まで得点が伸び続けました。センター直前対策では、すぐに点数が上がる可能性のあるところにポイントを絞った授業をしてくださり、それがまさに的中して、センター本番で過去最高点を叩き出すことができました。(米子東高校出身 T.Yさん)